blog index

Magical cube

ここはどこ?
私は夢のなか
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
鬼の居ぬ間に・・・・



雪平
「今日もさ・・・・帰ってくるの遅いね、管理人(名前がまだない)」

ピナ
「あたし達ほったらかしてどういうつもりかしら、まったくさーいい加減にして欲しいよね。最近自分のことばっかでしょ?冴えないくせに」

雪平
「ほんとなんとかなんとかなんねぇかな、あの怠け癖」

サンデー
「ねーねー、なんの話してるの?」

雪平
「今がさ、暇だってこと」

ピナ
「ちょっとちょっと!雪平!、最近トミーみないと思わない?アンタなんか知ってる?」

雪平
「いや、みてないな」

サンデー
「私知ってるよ〜、トミーちゃん放置されてるんだよ[:がく〜:]
 ほら!あそこ〜」






ピナ
「あらやだ!ちょっと〜!!!あんたもうなだれてないでこっちきなさいよ〜!!!!」





ブライス

いそいそとソファを囲み、四人の対談が始まった


・・・・・


ピナ
「でさ、結局ヒマだよね、アタシ達」

トミー
「そうねぇ、なんか、人形らしくないことでもしようか」

サンデー
「なに〜?それー」




トミー
「組み体操よ!!!!だれもできると思わないでしょハート

雪平
「いや・・・俺はいい」

トミー
「なんで〜みんなでやりましょうよ〜、さぁピナちゃん、こっちに来て」


ピナ
「あ、、、アタシあせあせ?」


トミーのごり押しによって、ピナはトミーに組まされることになった





ピナ
「・・・・ってアンタ乗っかってるだけじゃないの!!!
ふつーよ!ふつー!!いくら巨頭だからってそれはないだろ!」


トミー
「えーーー、じゃあどうすればいいの?」


サンデー
「んじゃあさ・・・・・」


いそいそとみんなを集めるサンデー。
しばらくの会談ののち、、、、




彼女達がやる組体操とは!!!!













オウギ・・・・

でも、彼女達はどこか満足そうだった。
| Magical cube | blythe story | 22:20 | comments(7) | trackbacks(137) |
新章
だんだんだんだんるんるん
だんだんだんだん ちゃっちゃ拍手

だんだんだんだんるんるん
だんだんだんだん ちゃっちゃ拍手

たららららった〜 (ビバリーヒルズ高校白書の音楽でお楽しみください)


今日は我が家の偉大な身代わり!?
式神?まぁ、よくわかんないや。

そうそう!分身!分身!

をご紹介つかまつる。


スターってやつだね、ここにおいて。

とってもステキな住人さ。

どこまでも、どこまでーも


サンデー
拍手彼女はサンデー拍手
うちの一番の古株。
とってもおとなしいけれど、一番人生の味ってもんをかみ締めてる。

頭は割られるわ、引っこ抜かれるわ。痛い、苦い思い出もたくさんさ、
でもコイツは決して負けない。
時には喪服に着替えるけれど、屈することはないのさ。


tommy
眼鏡こいつはトミー眼鏡
アイドル気取りの次女。←ウソです。
ほんわかほんわか、自分のことだけ考えてる。
たまには毒を吐いて、一気に傷つける爆弾娘さ。


pina
おてんき彼女はピナおてんき
こんなにかわいい服着てるけど、一番のヤンキー娘。
口は悪いが人一倍情にもろいのさ。


性転換前

トリを飾るのはシナモン。でもコイツはいません。
だって・・・・性転換しちゃったから(ごめんよ)

今となっては雪平として、第二の人生謳歌してるよ。
雪平


・・・あ、おちこんでる。ごめんよ


さーて、どんな物語が待ってるのかな!?


しーらないw
| Magical cube | blythe story | 23:39 | comments(3) | trackbacks(0) |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

bolg index このページの先頭へ